menu

【厳選】法人携帯におすすめのiPhone・Androidスマートフォンを目的別に紹介

【厳選】法人携帯におすすめのiPhone...

2022.03.15

法人携帯

2022年現在、法人携帯の導入を検討されている方に向けて、おすすめのiPhone・Androidスマートフォンをまとめました。

  • 「高い性能が欲しい」
  • 「導入コストを抑えたい」
  • 「高い耐久性・堅牢性が欲しい」

それぞれの目的に向いている機種を、厳選して紹介していきます。

導入・運用コストを抑える方法も合わせて紹介しているので、ぜひご覧になってみてください。

【目的別】法人携帯におすすめのiPhone・Androidスマートフォン3選

2022年現在、法人携帯におすすめのiPhone・Androidスマートフォンは、下記のとおりです。

  • iPhone SE(第2世代)
  • AQUOS sense3
  • TORQUE G04

それぞれのスペックや特徴を見てみましょう。

iPhone SE(第2世代)|高い性能が欲しい場合におすすめ

「iPhone SE(第2世代、以下「SE2」)」は、2020年4月に発売された、iPhoneシリーズの廉価モデルです。
比較的コンパクトなボディと、高い処理性能が魅力の機種です。

発売時期 2020年4月
カラーバリエーション
  • ブラック
  • ホワイト
  • (PRODUCT)RED
サイズ 138.4mm×67.3mm×7.3mm
重量 148g
ディスプレイ 4.7インチ 液晶
1,334 x 750ピクセル
アウトカメラ 1,200万画素(F1.8)
インカメラ 700万画素(F2.2)
チップ Apple A13 Bionic
メモリ(RAM) 非公開(3GB)
ストレージ(ROM) 64GB、128GB、256GB
バッテリー容量  非公開(1,821mAh)
急速充電 対応(最大18W)
ワイヤレス充電 対応
生体認証 指紋認証(ホームボタンに内蔵)
防水/防塵 対応(IP67)
おサイフケータイ(FeliCa) 対応
デュアルSIM 対応(nanoSIM+eSIM)

iPhone SE2には、「iPhone 11シリーズ」と同じ「A13 Bionic」チップを搭載されています。
処理性能は2022年現在の基準から見ても高く、ほぼすべてのシーンで快適に動作します。

日本国内では約7割の人がiPhoneを利用している(「statcounter」調べ)ため、スムーズに導入できる可能性が高いです。

2022年3月現在、iPhone SE2の販売状況は下記のとおりです。

64GB 128GB 256GB
新品 38,770円〜 43,800円〜 販売終了
中古スマホ販売サイト(平均) 32,193円
※目立った傷や汚れなし
36,649円
※目立った傷や汚れなし
43,780円
※目立った傷や汚れな

iPhone SE2は、

  • 「業務をより快適にこなしたい」」
  • 「プライベートでiPhoneを利用している社員が多い」

といった場合におすすめです。

  • 「性能はあまり求めない」という場合は、「iPhone 8」や「iPhone 7」
  • 「5G通信を利用したい」という場合は、最新機種の「iPhone SE(第3世代)」

も併せて検討されてみてください。

AQUOS sense3 Basic|導入コストを抑えたい場合におすすめ

「AQUOS sense3 Basic」は、2020年6月に発売された「AQUOSシリーズ」のエントリーモデルです。
比較的コンパクトなボディと、バッテリー持ちが魅力の機種です。

発売時期 2020年6月
カラーバリエーション
  • ライトカッパー
  • シルバー
  • ブラック
サイズ 147mm×70mm×8.9mm
重量 167g
ディスプレイ 5.5インチ IGZO液晶
1,080×2,160ピクセル(FHD+)
アウトカメラ Qualcomm Snapdragon 630
インカメラ 3GB
チップ 32GB
メモリ(RAM) 1,200万画素(F2.0)
ストレージ(ROM) 800万画素(F2.2)
バッテリー容量 4,000mAh
急速充電 対応
ワイヤレス充電 非対応
生体認証 顔認証
防水/防塵 対応(IP68)
おサイフケータイ(FeliCa) 非対応
デュアルSIM 非対応

AQUOS sense3 Basicの処理性能は、2022年のスマートフォンとしては控えめです。
とはいえ、Webや資料の閲覧など、幅広いシーンでおおむね問題なく動作します。

「IGZO液晶」と4,000mAhのバッテリーにより、バッテリー持ちには期待できます。
シンプルな外観ながら、「MIL規格(19項目)」に準拠しており、高い耐久性も魅力の機種です。

2022年3月現在、AQUOS sense3 Basicの販売状況は下記のとおりです。

新品 22,000円
中古スマホ販売サイト(平均) 6,859円
※目立った傷や汚れなし

AQUOS sense3 Basicは、

  • 「できるだけ安価に購入したい」
  • 「バッテリー持ちを重視したい」

という場合におすすめの機種です。

「もう少し性能・機能が欲しい」という場合は、同じく「AQUOSシリーズ」の「AQUOS wish」も検討されてみてください。

TORQUE G04|高い堅牢性・耐久性が欲しい場合におすすめ

「TORQUE G04」は、高い堅牢性・耐久性が魅力の機種です。

発売時期 2019年8月
カラーバリエーション
  • ブルー
  • レッド
  • ブラック
サイズ 150mm×73mm×13.4mm
重量 200g
ディスプレイ 5インチ 液晶
1,920×1,080ピクセル(FHD)
アウトカメラ メイン:2,400万画素
ワイド:800万画素
インカメラ 800万画素
チップ Qualcomm Snapdragon 660
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB
バッテリー容量 2,940mAh
急速充電 対応
ワイヤレス充電 対応
生体認証 指紋認証(電源ボタンに内蔵)
防水/防塵 対応(IP68)
おサイフケータイ(FeliCa) 対応
デュアルSIM 非対応

TORQUE G04は、無骨な外観は裏腹に、幅広いシーンで問題なく動作する性能と、豊富な機能を備えています。

AQUOS sense3 Basicを上回る「MIL規格(22項目)」と、京セラ独自の耐久試験をクリア。

  • 画面が濡れていても操作できる「ウェットタッチ」
  • グローブを着けた状態でも操作できる「グローブタッチ」
  • 着脱可能なバッテリー

など、状況を問わず快適に利用できるように考えられています。

2022年3月現在、TORQUE G04の販売状況は、下記のとおりです。

新品 販売終了
中古スマホ販売サイト(平均) 23,767円
※目立った傷や汚れなし

「もう少し性能が欲しい」という場合は、後継機種の「TORQUE 5G」も検討されてみてください。

法人携帯の導入・運用コストを抑える方法

法人携帯の導入や運用にあたって、コストを抑える方法は、下記のとおりです。

  • 中古端末やレンタルサービスを活用する
  • 格安SIMを導入する

中古端末やレンタルサービスを活用する

中古端末やレンタルサービスを活用すれば、導入コストを大幅に抑えることができます。

当サイトを運営する「株式会社Belong」の法人向けサービスでは、中古端末の販売・レンタルサービスを運営しております。
キッキングやコールセンターのオプションも提供可能です。

ぜひ一度、ご覧になってみてください。

BUSINESS

格安SIMを導入する

格安SIMを導入すれば、月々の運用コストを抑えられる可能性があります。
法人契約できる格安SIMは、下記のページからご覧いただけます。

法人契約ができる格安SIM8選|料金プランや特徴を解説

法人携帯におすすめのiPhone・Androidスマートフォンまとめ

法人携帯の導入にあたっては、目的に合った機種を選ぶことが大切です。

「そもそもiPhoneとAndroidどっちがいいの?」とお悩みの方は、下記の記事をご覧になってみてください。

【徹底比較】法人携帯はiPhoneとAndoroidスマホどっちがいい?

導入・運用コストを抑えるためには、

  • 中古端末やレンタルサービスを活用する
  • 格安SIMを導入する

といった方法も有効です。

シェアする

タイトルとURLをコピーしました