menu

中古ビジネスフォンの選び方・注意点|よりお得に導入する方法も

中古ビジネスフォンの選び方・注意点|より...

2022.05.23

ビジネスフォン

ビジネス用に多くの機能を備えたビジネスフォンは、家庭用電話機と比べると非常に高価なオフィス機器です。

高価なビジネスフォンをできるだけ安く導入したいとお考えの方にオススメなのが、中古ビジネスフォンの活用です。

この記事では、

  • 「中古ビジネスフォンはどうやって選べばいい?」
  • 「どこで買えるの?」

とお悩みの方に向けて、

  • 中古ビジネスフォンの選び方
  • 中古ビジネスフォンの販売店
  • ビジネスフォンを安く導入する方法

を詳しく解説します。

中古ビジネスフォンの選び方|3つの注意点

中古ビジネスフォンは、新品のビジネスフォンと比べると安く購入できます。

しかし、価格だけで選んでしまうと、機能が足りなかったり、すぐに故障してしまったりと、業務効率の低下や余計な支出などの失敗につながります。

中古ビジネスフォンを購入する際に、ぜひチェックしたい3つの注意点を紹介します。

  • 目的の用途で使えるか
  • きちんと整備されているか
  • 品質保証はあるか

目的の用途で使えるか

ビジネスフォンを購入する際は、目的の用途に使えるかを確認する必要があります。

ビジネスフォンを新規導入する場合

新たにビジネスフォンを導入する場合には、使いたい機能を洗い出し、要件を満たす機種を選ぶことが大切です。

ビジネスフォンの基本的な機能は新製品でも型落ちの中古品でも大きくは変わりません。しかし、販売開始から年数がたった機種は、付加機能の有無や処理件数などの性能面で新しい機種に劣る場合があるため、自社の利用目的に合わせて選びましょう。

ビジネスフォンを置き換える場合

すでにビジネスフォンを利用しており、別の機種に入れ替える場合には、今使っているビジネスフォンと機能や操作性に大きな差がないものを選ぶと、スムーズに移行できます。

電話機を増台したり、故障などで機器を交換する場合には自由に機種を選べないため注意が必要です。

ビジネスフォンは基本的に、機種・型番が異なる製品の互換性がありません。そのため、増台や機器交換の場合には、同一機種・型番の製品を購入しないと、そもそも使用できない可能性があります。

外観が同じに見えても型番が異なっている場合があるため、必ず販売店に現在利用しているビジネスフォンを伝えましょう。

きちんと整備されているか

中古ビジネスフォンを購入する際には、きちんとクリーニングや整備がされているかを確認することも大切です。

中古品を購入する場合には、ある程度の使用感はやむを得ません。しかし、クリーニングや整備が行き届いていないと、

  • 従業員が積極的に使いたいと思えない
  • 購入してすぐに故障してしまう

ということにもなりかねません。

中古ビジネスフォンを購入する際には、信頼できる販売店か、どのようなクリーニングや整備がされているかを確認するようにしましょう。

品質保証はあるか

中古ビジネスフォンの販売店では、品質保証期間を設けていることもあるため、購入時には保証の充実度もチェックしましょう。販売店によっては1年以上の保証期間を付けている場合もあります。

長い保証期間を設けるということは、商品の品質に対する自信の裏返しでもあるため、安心して購入・利用できます。

購入前に、保証期間や保証内容、対応窓口や時間などを確認しておくと良いでしょう。

中古ビジネスフォンの販売店

オススメの中古ビジネスフォン販売店5社を紹介します。

  • OAリサイクルショップ マウス
  • OFFICE110
  • オフィス・エコ
  • オフィスバスターズ
  • ビジフォン.com

OAリサイクルショップ マウス

https://www.oa-mouse.com/

運営会社 リベラル株式会社
取扱メーカー NTT、サクサ(SAXA)、日立、IWATSU(岩通)、NEC、Panasonic、OKI
保証期間 1年間

「OAリサイクルショップ マウス」は、障害を持つ従業員が商品を細部まで磨き上げており、丁寧な仕事に定評があります。

OFFICE110

https://office110.jp/

運営会社 株式会社ベルテクノス
取扱メーカー NTT、サクサ(SAXA)、IWATSU(岩通)、NAKAYO(ナカヨ)、日立、NEC、Panasonic
保証期間 1〜5年間

「OFFICE110」は、オフィス機器の販売・工事で全国120,000社以上の取引実績を誇り、大量入荷で業界最安値をうたっています。

 

オフィス・エコ

https://www.office-eco.jp/

運営会社 サポートリンク株式会社
取扱メーカー NTT、サクサ(SAXA)、NAKAYO(ナカヨ)、日立
保証期間 3ヶ月間

「オフィス・エコ」は、日本全国に拠点を持ち、そのネットワークを活かして買い付けた高品質の中古ビジネスフォンを、安く販売しています。

オフィスバスターズ

https://www.officebusters.com/

運営会社 株式会社オフィスバスターズ
取扱メーカー NTT、NEC、サクサ(SAXA)、日立、NAKAYO(ナカヨ)、Panasonic
保証期間 6ヶ月間

「オフィスバスターズ」は、中古オフィス家具全般を扱っており、ビジネスフォンだけでなく、オフィスのすべてをワンストップで任せられます。

ビジフォン.com

https://www.biziphone.com/

運営会社 株式会社ビジョン
取扱メーカー NTT、NEC、日立、サクサ(SAXA)、IWATSU(岩通)、Panasonic
保証期間 希望に応じて保守サポートあり

「ビジフォン.com」は、東証プライム(旧東証一部相当)上場の株式会社ビジョンが運営する、ビジネスフォン販売の専門サイトです。
40万社以上で導入実績があります。

ビジネスフォンを安く導入する方法

中古ビジネスフォンの購入と合わせて考えたい、安く導入する方法を紹介します。

  • 工事不要タイプ
  • 電話回線セット
  • レンタル・リース
  • クラウドPBX

工事不要タイプ

小規模なオフィスであれば、工事不要タイプのサービスを利用することで、電話工事の費用を削減できる場合があります。

通常、ビジネスフォンの電話工事は工事担任者という国家資格が必要となり、素人ではできません。そのため、専門業者の工事費用がかかります。

しかし、工事不要タイプのサービスでは、自社の利用環境に合わせて主装置や電話機の配線・設定が済んだ状態で届けられるため、自分でコードをつないで設置するだけで利用可能です。

また、同一型番の電話機の交換や、HUBの空き口に電話機を増設するだけの場合には、自分で対応可能なケースもあります。対応方法は機種や型番によって異なるため、十分に調べて作業しましょう。

電話回線セット

中古ビジネスフォン販売店によっては、指定の電話回線への加入とセットで申し込むことで、ビジネスフォンを無料または格安で購入できることもあります。

このサービスは、電話回線事業者から販売店へ支払われる手数料を還元することで実現しています。

電話機の台数や、設置工事費用まで含むかなど、無料の範囲は販売店によって異なるため、各社のサイトなどで確認しましょう。

新たにオフィスを構えるなど、新規に電話回線への加入を予定している方には、セット申し込みでビジネスフォンを格安で導入できるため、検討してみると良いでしょう。

なお、ビジネスフォンの無料をうたって、工事費など別の費用を高額請求する悪質な販売店もありますので、十分注意が必要です。

レンタル・リース

初期費用を抑えたい場合や短期間のビジネスフォン利用などには、レンタルやリースの活用も検討しましょう。

レンタルやリースでは、月額の利用料を支払う形のため、機器の購入や設置工事にかかる初期費用を抑えられます。

また、利用期間が短い場合には、レンタルを活用することで中古ビジネスフォンを購入するよりもトータルの費用を安く抑えられることもあります。

一方、長期で利用する場合には中古ビジネスフォンを購入した方が安くなりますので、利用期間や利用目的に応じて、最適な方法を選びましょう。

クラウドPBX

クラウドPBXとは、電話交換の機能をインターネット経由で利用するサービスです。

機器の設置や大規模な工事が不要なため、ビジネスフォンと比べて初期費用を抑えられます。

また、スマホを電話機として利用できるため、中古スマホや、個人スマホを業務利用すれば電話機購入費用も削減できます。

クラウドPBXについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

クラウドPBXとは?メリット・デメリットや選び方を徹底解説! – Belong法人向けサービス

まとめ

中古ビジネスフォンの活用は、ビジネスフォンを安く導入するのに有効な方法です。

中古ビジネスフォンを選ぶ際には安さだけでなく、次の点に注意が必要です。

  • 中古ビジネスフォンの機能や性能が利用目的を満たしているか
  • きちんと整備やクリーニングがされているか
  • 品質保証がされているか

さらに、紹介したビジネスフォンを安く導入する方法もうまく活用し、ビジネスフォンをお得に導入しましょう!

シェアする

タイトルとURLをコピーしました