menu

法人スマホを導入するメリット・デメリットを紹介!

法人スマホを導入するメリット・デメリット...

2022.03.08

法人携帯

この記事では、会社携帯としてスマホを導入するメリット・デメリットを解説していきます。
スマホの導入を検討されている方は、ぜひご覧になってみてください。

法人スマホを契約する3つのメリット

法人名義でスマートフォンを契約するメリットは、大きく分けて3つあります。

  1. 通信に関わるコストの削減
  2. 業務の効率化
  3. セキュリティの強化

それぞれ詳しく見てみましょう。

1.通信に関わるコストの削減

法人スマホを契約することで、通信にかかわるコストが削減できます。

  • かけ放題プラン・オプションが用意されている
  • 法人専用の割引プランがある
  • 経理作業を簡略化できる

かけ放題プラン・オプションが用意されている

各キャリアには、かけ放題プランやオプションが用意されています。
適切なプランやオプションを選択すれば、通話料金の削減が期待できます。

法人専用の割引・特典がある

法人向けプランの月額料金は、基本的には個人向けプランと同等ですが、

  • 社員間通話無料
  • 月額料金の割引

など、法人専用の割引・特典が用意されている場合があります。

たとえばドコモの法人プランでは、特別なオプションに加入しなくても社員間通話が無料になります。

【2022年版】ドコモの法人契約を徹底解説(料金プラン・割引・オプションなど)

経理作業を簡略化できる

法人スマホを導入すると、プランや料金を一括で管理可能です。
通話明細を仕事とプライベートで分ける作業も不要になるので、経理作業を簡略化できます。

2.業務の効率化

スマートフォン向けに用意されている便利なツールやサービスを活用することで、業務の効率化が期待できます。

  • コミュニケーションツール(業務連絡や会議など)
  • クラウドサービス(ファイル管理やスケジュールの共有など)
  • 仕事効率化ツール(ドキュメントの編集や勤怠管理など)

たとえばソフトバンクの法人向けプランでは、ソフトバンクと提携している30以上のサービスを契約可能です。

【2022年版】ソフトバンクの法人契約を徹底解説(料金プラン・割引・オプションなど)

3.セキュリティの向上

スマートフォン向けに用意されている管理ツール・サービスを利用すれば、セキュリティ対策も可能です。

  • 特定のアプリ以外はインストールできないようにする
  • 端末の位置情報を取得する
  • 端末を遠隔で初期化する

たとえばauの法人向けプランでは、メールのフィルタリングを一括で設定できる「ビジネスケータイフィルタリングサービス
メールフィルター一括設定」というサービスを無料で利用できます。

【2022年版】auの法人契約を徹底解説(料金プラン・割引・オプションなど)

法人スマホを契約する2つのデメリット

法人スマホ契約には、メリットだけでなくデメリットも存在します。

  1. 社員が常時スマホ2台持ちになる
  2. 導入や運用にコストがかかる

1.社員が常時スマホ2台持ちになる

法人スマホを導入すると、従業員は仕事用とプライベート用の2台を持つことになります。
仕事用のスマホを紛失したり、プライベート用に利用したりといった可能性もゼロではありません。

ただ、仕事とプライベートを切り分けられることはメリットでもあり、従業員の満足度向上につながる可能性はあります。

<デメリットを克服するポイント>
法人スマホを紛失・不正利用などした際のルールを決めておく

2.導入や運用にコストがかかる

法人スマホの購入や運用には、一定のコストがかかります。
端末の料金や、プラン・オプションを検討したうえで、トータルのコストを把握しておくことが大切です。

<デメリットを克服するポイント>
中古端末やレンタル契約などで初期費用を抑える

【まとめ】法人スマホのメリットを生かそう

法人スマホ導入には、下記のメリット・デメリットがあります。

<メリット>

  1. 通信に関わるコストの削減
  2. 業務の効率化
  3. セキュリティの強化

<デメリット>

  1. 社員が常時スマホ2台持ちになる
  2. 導入や運用にコストがかかる

社用携帯を導入する際には、必ずルールや規定を決めておきましょう。

【担当者必見】社用携帯のルールや規定はどう決める?4つのポイント

法人スマホ導入の費用でお悩みでしたら、中古端末の購入や、レンタルも検討してみてください。

販売プラン

シェアする

タイトルとURLをコピーしました