menu

【2022年版】大手3キャリアの法人プランを徹底比較【ドコモ・au・ソフトバンク】

【2022年版】大手3キャリアの法人プラ...

2022.03.13

法人携帯

この記事では、モバイル回線の法人契約を検討されている方に向けて、大手3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の法人プランの違いを詳しく解説していきます。

料金プランだけでなく、割引やオプションも比較しているので、ぜひご覧になってみてください。

大手3キャリアの法人プランの特徴

まずはじめに、大手3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の法人プランの特徴を見てみましょう。

各社の主なメリット・デメリットは、下記のとおりです。

ドコモ au ソフトバンク
メリット
  • 社員間の通話が無料
  • 割引が充実
  • テザリングが無料かつ申し込み不要で利用可能
  • エンタメ系のサービスとセットのプランあり
  • ケータイ向けプランが充実
  • データ通信専用プランが割安
  • ケータイ向けに音声プラン(データ通信なし)あり
  • アメリカでの利用がお得
デメリット
  • 4Gは無制限プランなし
  • データ通信専用プランなし
  • 申し込みは店舗のみ(オンライン不可)
  • 従量制プランが割高
  • 割引が少なめ

大手3キャリアの法人プランを比較

ここからは、大手3キャリアの法人プランを徹底解説していきます。

  • 料金プラン
  • 割引
  • オプション

※以下、価格はすべて税込表示です。

料金プラン

各社の料金プランは、大きく5つに分けられます。

  • 定額制プラン
  • 従量制プラン
  • ケータイから乗り換える場合のみ利用できるプラン
  • ケータイ向けプラン
  • データ通信専用プラン

それぞれ詳しく見てみましょう。

定額制プラン

大手3キャリアには、通信量を気にせず利用できる「定額制」のプランが用意されています。

キャリア ドコモ au ソフトバンク
プラン 5Gギガホ プレミア ギガホ プレミア 使い放題MAX 5G/4G メリハリ無制限
月額料金 無制限 7,315円 7,238円 7,238円
〜60GB 7,205円
〜3GB 5,665円 5,555円 5,588円 5,588円
国内通話料金 30秒あたり22円
※社員間の通話が無料
30秒あたり22円 30秒あたり22円
音声オプション 国内通話かけ放題 1,870円/月(かけ放題) 1,980円/月(通話定額2) 1,980円/月(定額オプション+)
5分以内の通話かけ放題 770円/月(5分通話無料) 880円/月(通話定額ライト2) 880円/月(準定額オプション+)

※通信量が3GB以下の月は、各社とも月額料金が自動で割引されます。
※auは、エンタメ系のサービス(「Netflix」や「Amazonプライム」など)とセットになったプランあり

ドコモの「ギガホ プレミア」以外は、データ通信を無制限で利用可能。
月額料金は、ほぼ横並びです。

従量制プラン

大手3キャリアには、通信量が多くなるほど料金が高くなる「従量制」のプランも用意されています。

キャリア ドコモ au ソフトバンク
プラン 5Gギガライト/ギガライト ピタットプラン 5G/4G LTE ミニフィットプラン+
月額料金 〜7GB 6,765円 6,765円
〜5GB 5,665円
〜4GB 5,115円
〜3GB 4,565円 5,478円
〜2GB 4,378円
〜1GB 3,465円 3,465円 3,278円
速度制限 128Kbps 128Kbps 128Kbps
国内通話料金 30秒あたり22円
※社員間の通話が無料
30秒あたり22円 30秒あたり22円
音声オプション 国内通話かけ放題 1,870円/月(かけ放題) 1,980円/月(通話定額2) 1,980円/月(定額オプション+)
5分以内の通話かけ放題 770円/月(5分通話無料) 880円/月(通話定額ライト2) 880円/月(準定額オプション+)

通信量が1GB以下の場合、ソフトバンクの「ミニフィットプラン+」が最安ですが、1GB超では逆に割高になります。

ケータイから乗り換える場合のみ利用できるプラン

ケータイ(フィーチャーフォン)からの機種変更・乗り換えのみ利用できる限定プランも用意されています。

キャリア ドコモ au ソフトバンク
プラン はじめてスマホプラン スマホスタートプラン(フラット)5G/4G スマホデビュープラン
月額料金 3GB 2,288円
※1年目は1,100円
2,728円
※1年目は990円〜
1GB 1,815円
※1年目は1,265円
速度制限 128Kbps 128Kbps 128Kbps
国内通話料金 30秒あたり22円
※5分以内の国内通話が無料
30秒あたり22円
※5分以内の国内通話が無料
30秒あたり22円
音声オプション 国内通話かけ放題 1,100円/月(かけ放題) 1,100円/月(通話定額 ) 1,980円/月(定額オプション)
5分以内の通話かけ放題 880円/月(準定額オプション)

ドコモの「はじめてスマホプラン」とauの「スマホスタートプラン」は、

  • 5分以内の国内通話が無料
  • かけ放題オプションが他のプランより安い

という特長があります。

各社とも、初めの1年間は月額料金が割引になり、さらにお得に利用可能です。

ケータイ向けプラン

ケータイ(フューチャーフォン)向けの主なプランは、下記のとおりです。

キャリア ドコモ au ソフトバンク
プラン ケータイプラン ケータイシンプルプラン ケータイカケホプラン ケータイ音声プラン ケータイ100MBプラン
月額料金 1GB 3,465円
300MB 1,507円
100MB 1,507円 1,320円
データ通信なし 1,078円
速度制限 128Kbps 128Kbps 128Kbps 128Kbps
国内通話料金 30秒あたり22円
※社員間通話が無料
30秒あたり22円 国内通話がかけ放題 30秒あたり22円
音声オプション 国内通話かけ放題 1,870円/月(かけ放題) 1,980円/月(通話定額2) 1,980円/月(定額オプション+)
5分以内の通話かけ放題 770円/月(5分通話無料) 880円/月(通話定額ライト2) 880円/月(準定額オプション+)

auには「カケホーダイプラン」が、ソフトバンクには「音声プラン(データ通信なし)」が用意されています。

データ通信専用プラン

データ通信専用(音声通話なし)プランは、auとソフトバンクのみ用意されています。

キャリア au ソフトバンク
プラン タブレットプランライト 5G/4G タブレットプラン20 データ通信専用3GBプラン データ通信専用50GBプラン
月額料金 50GB 5,280円
20GB 6,237円
3GB  1,408円
1GB 1,100円
速度制限 128kbps 128Kbps

auの「タブレットプランライト 5G/4G」が最安ですが、容量あたりの料金は、ソフトバンクのほうが割安です。

割引

大手3キャリアの主な割引は、下記のとおりです。

ドコモ

割引 割引内容 条件
ビジネスメンバーズ割 1回線あたり-187円/月 法人限定のポイントプログラム「ビジネスメンバーズ」に加入(無料かつ申し込み不要)
みんなドコモ割 1回線あたり最大-1,100円/月 同一「ビジネス通話割引」内で、2回線以上契約
ドコモ光セット割 1回線あたり最大-1,100円/月(20回線まで) 同一「ビジネス通話割引」内で、「ドコモ光」を契約

※「ビジネスメンバーズ割」は、プランを問わず割引を受けられます。

au

割引 割引内容 条件
法人割 社員間の国内通話料金が30%OFF
社員間の国内SMS(Cメール)が無料
同一法人で2~10回線契約
法人割プラス 1回線あたり最大-1,100円/月 同一法人・同一住所で2回線以上契約
auスマートバリュー/スマートバリュー for Business 1回線あたり最大-1,100円/月 auのモバイル回線とあわせて、auが提供する固定回線やホームルーターなどを契約

ソフトバンク

割引 割引内容 条件
おうち割 光セット(法人) 1回線あたり-1,100円/月 モバイル回線と固定回線をセットで利用

割引適用後の月額料金

上記の割引を最大限適用した場合の月額料金は、下記のとおりです。

定額プラン

キャリア ドコモ au ソフトバンク
プラン 5Gギガホ プレミア ギガホ プレミア 使い放題MAX 5G/4G メリハリ無制限
月額料金 無制限 4,928円 5,038円 6,138円
〜60GB 4,818円
〜3GB 3,278円 3,168円 3,388円 4,488円

割引を最大限適用すると、通信量を問わずドコモが最安です。

従量制プラン

キャリア ドコモ au ソフトバンク
プラン 5Gギガライト/ギガライト ピタットプラン 5G/4G LTE ミニフィットプラン+
月額料金 〜7GB 4,378円 5,115円
〜5GB 3,278円
〜4GB 3,065円
〜3GB 2,728円 4,378円
~2GB 3,278円
〜1GB 2,178円 2,365円 2,178円

従量制プランでは、通信量によって割引額が異なります。

割引を最大限に利用すると、通信量が多くなるほどドコモが割安です。

ケータイから乗り換える場合のみ利用できるプラン

キャリア ドコモ au ソフトバンク
プラン はじめてスマホプラン スマホスタートプラン(フラット)5G/4G スマホデビュープラン
月額料金 3GB 2,288円
※1年目は1,100円
2,728円
※1年目は990円〜
1GB 1,628円
※1年目は1,078円

ケータイ向けプラン

キャリア ドコモ au ソフトバンク
プラン ケータイプラン ケータイシンプルプラン ケータイカケホプラン ケータイ音声プラン ケータイ100MBプラン
月額料金 1GB 3,465円
300MB 1,507円
100MB 1,320円 1,320円
データ通信なし 1,078円

ケータイ向けプランでは、「法人割」や「光回線セット割」が適用されません。
月額利用料金に影響するのは、ドコモの「ビジネスメンバーズ割」のみです。

データ通信専用プラン

キャリア au ソフトバンク
プラン タブレットプランライト 5G/4G タブレットプラン20 データ通信専用3GBプラン データ通信専用50GBプラン
月額料金 50GB 5,280円
20GB 5,137円
3GB 1,408円
1GB 1,100円

データ通信専用プランでは、auの「タブレットプラン20」のみ、月額利用料金に割引が適用されます。
割引適用後も、ソフトバンクのほうが割安な傾向は変わりません。

オプション

データ通信に関わる下記のオプションを見てみましょう。

  • テザリング
  • データシェア

テザリング

「テザリング」とは、スマートフォンやタブレットを、Wi-Fiの親機として利用できる機能です。

キャリア ドコモ au ソフトバンク
オプション テザリングオプション テザリングオプション
申し込み 不要 必要 必要
月額料金 無料 無料
※一部のプランでは有料(550円)
無料
※一部のプランでは有料(550円)
データ容量(無制限プランの場合) 無制限 最大30GBまで
※プランによっては例外あり
最大30GBまで

申し込み不要かつ無料、無制限(無制限プランの場合)で利用できるドコモが有利です。

データシェア

大手3キャリアには、複数の端末で通信量をシェアできる「データシェア」というオプションが用意されています。

キャリア ドコモ au ソフトバンク
オプション 5Gデータプラス/データプラス データシェア データシェアプラス
申し込み 必要 必要 必要
月額料金 1,100円 無料 無料
※一部プランでは有料(550円)
対象プラン 5Gギガホ プレミア/ギガホ プレミア
5Gギガライト/ギガライト
使い放題MAX 5G/4G
ピタットプラン 5G/4G LTE
スマホスタートプラン(フラット) 5G/4G
ケータイシンプルプラン
ケータイカケホプラン
タブレットプランライト 5G/4G
タブレットプラン20
メリハリ無制限
ミニフィットプラン+
データ通信専用50GBプラン
仕組み 親回線のデータ容量を子回線にシェア データ容量を「データシェア」グループ内でシェア
※回線ごとにプラン契約が必要
親回線のデータ容量を子回線にシェア
※回線ごとにプラン契約が必要
シェアできる台数 最大1台まで 合計最大6台まで 最大5台まで
データ容量(無制限プランの場合) 無制限 最大30GBまで
※プランによっては例外あり
最大30GBまで

データシェアの仕組みは、キャリアによって異なります。
auとソフトバンクでは、基本無料で利用できますが、子回線(シェアされる側)も個別にプラン契約が必要です。

大手3キャリアの法人プランまとめ

大手3キャリアの法人プランは、それぞれ下記の場合におすすめです。

ドコモがおすすめ

  • 社員間の通話が多い
  • ドコモ系の固定回線を利用したい
  • テザリングを利用したい

auがおすすめ

  • エンタメ系のサービス(「Netflix」や「Amazonプライム」など)を利用したい
  • au系の固定回線やWiMAXルーターを利用したい

ソフトバンクがおすすめ

  • データ通信専用プランを利用したい
  • ケータイで音声通話のみ利用したい
  • ソフトバンク系の固定回線や固定電話(おとくライン)を利用したい
  • アメリカで利用したい

各キャリアの法人プランの詳細は、下記の記事からご覧いただけます。

【2022年版】ドコモの法人契約を徹底解説(料金プラン・割引・オプションなど)

【2022年版】auの法人契約を徹底解説(料金プラン・割引・オプションなど)

【2022年版】ソフトバンクの法人契約を徹底解説(料金プラン・割引・オプションなど)

シェアする

タイトルとURLをコピーしました