menu

【徹底比較】法人携帯はiPhoneとAndoroidスマホどっちがいい?

【徹底比較】法人携帯はiPhoneとAn...

2022.03.15

法人携帯

法人携帯の導入にあたって、iPhoneとAndroidスマートフォンで迷われている方に向けて、

  • iPhoneとAndroidスマートフォンの違い
  • それぞれのメリット・デメリット

を解説していきます。

それぞれおすすめできる場合も紹介しているので、ぜひご覧になってみてください。

iPhoneとAndroidスマートフォンの違い

iPhoneもAndroidスマートフォンも、基本的にできることは同じです。
一方でそれぞれの特徴もあり、「どちらがいい」とは一概には言えません。

iPhoneとAndroidスマートフォンの主な特徴は、下記のとおりです。

iPhone Androidスマートフォン
OS iOS Android
OSの開発元 Apple Google
OSのサポート期間 5年前後 2年前後
販売元 Apple 世界中のメーカー
製品のラインナップ 少ない きわめて多い
価格帯 中価格〜高価格 低価格〜高価格
セキュリティ きわめて高い 高い
アプリのインストール 「App Store」からのみ 「Google Play」以外からも可能
カスタマイズ 可能 より柔軟に可能

ここからは、 iPhoneとAndroidスマートフォン、それぞれにメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

iPhoneのメリット・デメリット

法人携帯として、iPhoneを導入するメリット・デメリットを見てみましょう。

iPhoneのメリット

法人携帯にiPhoneを導入するメリットは、次のとおりです。

  • シンプルな製品ラインナップ
  • 統一された操作方法
  • 強固なセキュリティ
  • 他のAppleデバイスとの親和性が高い

それぞれ詳しく解説します。

シンプルな製品ラインナップ

iPhoneはApple社のみが販売しているため、製品のラインナップがシンプルです。

ハイエンドモデル(Pro) iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxなど
標準モデル iPhone 13、iPhone 12など
コンパクトモデル(mini) iPhone 13 mini、iPhone 12 mini
廉価モデル(SE) iPhone SE(第3世代)、iPhone SE(第2世代)など

用途に合わせて、最適な機種を選びやすいメリットがあります。

統一された操作方法

iPhoneは、メニューの項目や操作性が統一されています。
また、2022年3月現在、日本国内では約7割の人がiPhoneを利用している(「statcounter」調べ)ため、スムーズに導入できる可能性が高いです。

強固なセキュリティ

iPhoneでは、厳しい審査を通過し、「App Store」で公開されているアプリのみインストール可能です。
また発売から5年ほど経った機種でも最新のiOSにアップデートできるので、より安心して利用できます。

他のAppleデバイスとの親和性が高い

iPhoneは、MacやiPadといった、ほかのAppleデバイスとの親和性が高く、

  • 「iCloud」を利用したデータ共有
  • 「AirDrop」を利用したファイル送信

などを活用すれば、業務の効率化が期待できます。

iPhoneのデメリット

法人携帯にiPhoneを導入するデメリットは、次のとおりです。

  • 製品ラインナップが少ない
  • カスタマイズできる幅が狭い

製品のラインナップが少ない

メリットで紹介した「シンプルな製品ラインナップ」や「統一された操作方法」は、デメリットにもなります。
iPhoneは機種ごとの差が小さいため、目的によっては、満足できない可能性があります。

カスタマイズできる幅が狭い

iPhoneは、見た目や操作方法など、カスタマイズできる幅が狭い傾向にあります。

  • 「状況に応じて、使えるアプリを制限したい」
  • 「利用するアプリやサービスを柔軟に選びたい」

といった用途には、あまり向かないと言えるでしょう。

Androidスマートフォンのメリット・デメリット

法人携帯として、Androidスマートフォンを導入するメリット・デメリットを見てみましょう。

Androidスマートフォンのメリット

法人携帯にAndroidスマートフォンを導入するメリットは、次のとおりです。

  • 豊富なラインナップ
  • カスタマイズできる幅が広い

豊富なラインナップ

Androidスマートフォンは、世界中のメーカーから多数の機種が発売されています。

  • 「できるだけ導入コストを抑えたい(性能・機能は最小限でいい)」
  • 「堅牢性・耐久性を重視したい」
  • 「外部ディスプレイに繋げてPCのように利用したい」

など、目的に応じて柔軟に選ぶことができます。

カスタマイズできる幅が広い

Androidスマートフォンは、見た目や操作方法など、カスタマイズできる幅が広い傾向にあります。

  • 「ホームアプリ」をカスタマイズして、必要なアプリだけを表示する
  • 独自アプリを導入する

といったことが可能です。

Androidスマートフォンのデメリット

法人携帯にAndroidスマートフォンを導入するデメリットは、次のとおりです。

  • 機種ごとの差異が大きい
  • セキュリティ対策には注意が必要

機種ごとの差異が大きい

Androidスマートフォンは、機種によって性能・機能が大きく異なるので、

  • どれがいいのかわかりづらい
  • 操作に慣れるまで時間がかかる可能性がある

というデメリットがあります。

セキュリティ対策には注意が必要

Android OSでは、「Google Play」以外で公開されているアプリ(いわゆる「野良アプリ」)もインストール可能です。
万一悪意のあるアプリをインストールしてしまうと、情報漏洩や金銭的な被害を被る可能性があります。

Andriodスマートフォンを導入する際は、

  • 「設定」アプリをロックする(野良アプリをインストールするためには設定の変更が必要)
  • セキュリティ対策アプリを導入する
  • 社内規定を整備する

といった対策を講じておくと安心です。

【まとめ】iPhoneとAndroidスマートフォンはこんな場合におすすめ

iPhoneとAndroidスマートフォンは、それぞれ下記の場合におすすめです。

こんな場合は、iPhoneがおすすめ

  • iPhoneを利用している社員が多い
  • すでにMacやiPadを利用している
  • より安心して利用したい

こんな場合は、Androidスマートフォンがおすすめ

  • Androidスマートフォンを利用している社員が多い
  • 導入コストを抑えたい(性能・機能は最小限でいい)
  • 堅牢性・耐久性を重視したい
  • 見た目や操作方法をカスタマイズしたい

下記の記事では、法人携帯におすすめのiPhone・Androidスマートフォンを紹介しています。
ぜひご覧になってみてください。

【厳選】法人携帯におすすめのiPhone・Androidスマートフォンを目的別に紹介

社用携帯を導入する際は、必ずルールや規定を決めておきましょう。

【担当者必見】社用携帯のルールや規定はどう決める?4つのポイント

シェアする

タイトルとURLをコピーしました