menu

【2022年版】MDM(モバイルデバイス管理)のサービス・製品を徹底比較!

【2022年版】MDM(モバイルデバイス...

2022.05.27

MDM

スマホやタブレットを業務で利用する場合に気になるのが、管理の手間やセキュリティの確保でしょう。その課題を解消するツールとして、MDM(モバイルデバイス管理)サービスが有効です。

本記事は、数多くあるMDMサービスの中で、

  • 「どのMDMがいいの?」
  • 「選ぶ際の注意点は?」

とお悩みの方に向けて、

  • 定番MDMサービスとその比較
  • 選ぶ際のポイント

をわかりやすく解説します。

MDMとは

「MDM」は、「Mobile Device Management(モバイルデバイス管理)」の略称です。

「モバイル端末」の効率的な管理や、安全な利用をサポートします。

モバイル端末を業務利用する場合、OSやアプリを最新化する手間や、紛失・不正利用に対するセキュリティ対策が課題となります。

MDMはこれらの課題を解消するため、主に次の3つの機能を備えています。

  • モバイル端末の一括管理
  • 遠隔操作でのセキュリティ対策
  • 利用制限・監視

MDMの機能や仕組みはこちらの記事で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

MDM(モバイルデバイス管理)とは?仕組みから選び方までわかりやすく解説します!

MDMサービス・製品比較10選

数多くあるMDMの中から、オススメの定番MDMサービス10選を紹介します。

※初期費用、月額料金は税込

対応デバイス 初期費用 利用料金 主な特徴
Optimal Biz Android
iOS
Windows
macOS
要問い合わせ 要問い合わせ ・PCも一元管理
・使いやすい管理画面
・安心の国内開発
CLOMO MDM Android
iOS
Windows
macOS
21,780円 ・基本利用
月額2,310円
・ライセンス
月額330円/デバイス
・楽に使えるUIを採用
・データを強固に守るセキュリティ
・専任スタッフが徹底サポート
mobiconnect Android
iOS
Windows
macOS
33,000円 ・エントリー
 年額1,980円/台
・ベーシック
年額2,640円/台
・スタンダード
年額3,300円/台
・使い勝手の良いUI・UX
・アプリ単位でVPN設定可能
・国産ならではのサポート品質
LANSCOPE クラウド版 Android
iOS
Windows
macOS
・プランⅠ
 7,480円/台
・プランⅡ
 33,000円
・プランⅠ
年額1,320円/台
プランⅡ
年額3,960円/台
・PCも一元管理
・使いやすい管理画面
・働き方の見える化をサポート
SPPM2.0 Android
iOS
Windows
0円 ・基本機能パック
月額165円/台
・フル機能パック
月額330円/台
・初期費用0円で利用可能
・世界で10社のGoogle認定MDM
・安心の電話サポート
MobiControl Android
iOS
Windows
macOS
Linux
55,000円 月額550円/台 ・世界174か国で導入実績
・世界トップクラスの性能を誇るMDM
・国内向けに細かな確認実施
モバイルマネージャー Android
iOS
Windows
33,000円 月額330円/台 ・プロファイル削除制限で高セキュリティ
・マルチキャリア対応
・i-FILTERのオプション可
ビジネス・コンシェル デバイスマネジメント Android
iOS
4Gケータイ
Windows
macOS
0円 ・スマホ
月額330円/ID
・4Gケータイ
月額110円/ID
・PC
月額440円/ID
※初月無料
・初期費用0円、初月無料
・通信キャリア純正サービス
・24時間365日対応のヘルプデスク
Trend Micro Mobile Security Android
iOS
要問い合わせ 要問い合わせ ・オンプレミス型サービス
・ウィルスバスターなどと連携
・エンドポイントセキュリティを一元的に可視化
MobileIron Android
iOS
Windows
macOS
要問い合わせ 要問い合わせ ・MobileIron社はスマートデバイス・アプリ管理の先駆者
・MAM、MCM機能も提供
・コンプライアンス違反は即時アクセス遮断可

Optimal Biz

 

MDM比較_Optimal Biz(画像引用元:https://www.optimalbiz.jp/products/biz/

「Optimal Biz」は、東証プライム(旧東証一部相当)に上場する「株式会社オプティム」が運営する、18万社以上の導入実績を誇るMDMサービスです。

モバイル端末だけでなくPCも一元管理でき、シンプルで使いやすい管理画面で効率的な運用をサポートします。安心の国内開発で、日本企業が求める機能を豊富に提供しています。

公式サイト https://www.optimalbiz.jp/products/biz/
運営会社 株式会社オプティム
対応デバイス Android / iOS / Windows / macOS
初期費用 要問い合わせ
利用料金 要問い合わせ
お試し利用 あり (14日間)
導入実績 180,000社以上

CLOMO MDM

 

MDM比較_CPLOMO MDM(画像引用元:https://www.optimalbiz.jp/products/biz/

「COLOMO MDM」は、特別な知識やトレーニングが必要ない、圧倒的に使いやすいユーザーインターフェースを提供しています。

開発・運用・サポートをすべて自社で行なっており、専任スタッフによる手厚い顧客サポートが受けられ、導入後も安心です。

公式サイト https://www.i3-systems.com/
運営会社 株式会社アイキューブドシステムズ
対応デバイス Android / iOS / Windows / macOS
初期費用 21,780円
利用料金 ・基本利用料
 月額2,310円
・ライセンス
 月額330円/デバイス
※最低5ライセンスから
お試し利用 あり (10デバイスまで)
そのまま本番移行可能
導入実績

mobiconnect

 

MDM比較_mobiconnect(画像引用元:https://www.mobi-connect.net/

「mobiconnect」は、現場重視の機能と使いやすさで、大小問わず企業から教育現場など幅広く利用されているMDMサービスです。

アプリ単位のVPN設定によるシャドーITの防止や、デバイス活用状況の可視化などで、業務の効率化をサポートする機能を備えています。

公式サイト https://www.mobi-connect.net/
運営会社 インヴェンティット株式会社
対応デバイス Android / iOS / Windows / macOS
初期費用 33,000円
利用料金 ・エントリー
 年額1,980円/台
・ベーシック
 年額2,640円/台
・スタンダード
 年額3,300円/台
お試し利用 あり (30日間)
導入実績

LANSCOPE クラウド版

 

MDM比較_LANSCOPE クラウド版(画像引用元:https://www.lanscope.jp/an/

「LANSCOPE クラウド版」は、モバイル端末・PCを一元管理する豊富な機能と、使いやすさを両立したMDMサービスです。

PC操作ログの可視化により働き方改革もサポートします。初期費用とランニング費用のどちらを抑えたいかによって、料金プランを選べる点も特徴です。

公式サイト https://www.lanscope.jp/an/
運営会社 エムオーテックス株式会社
対応デバイス Android / iOS / Windows / macOS
初期費用 ・プランⅠ(ランニング費用を抑える)
 7,480円/台
・プランⅡ(初期費用を抑える)
 33,000円
利用料金 ・プランⅠ(ランニング費用を抑える)
 年額1,320円/台〜
・プランⅡ(初期費用を抑える)
 年額3,960円/台〜
お試し利用 あり (60日間)
導入実績 7,000社以上

SPPM2.0

 

MDM比較_SPPM2.0(画像引用元:https://www.sppm.jp/

「SPPM2.0」は、日本で最も長い15年以上の運用実績を誇る国産のMDMサービスです。

実機での細かな検証と、業界では少ない電話でのサポート付きで安心して利用できます。1台からでも初期費用0円、月額料金165円からお手軽に始められるのも魅力です。

公式サイト https://www.sppm.jp/
運営会社 株式会社AXSEED
対応デバイス Android / iOS / Windows
初期費用 0円
利用料金 ・基本機能パック
 月額165円/台
・フル機能パック
 月額330円/台
お試し利用 あり (30日間 / 5ID)
導入実績 5,800社

MobiControl

 

MDM比較_MobiControl(画像引用元:https://pol-japan.co.jp/products/mobicontrol/

「MobiControl」は、カナダの「SOTI社」が開発した、世界174か国で導入実績があるグローバルなMDMです。

グループ別階層構造の管理画面で、台数が増えても管理が容易です。海外製品ですが、国内向けの細かな確認と日本語サポートがあるため安心です。

公式サイト https://pol-japan.co.jp/products/mobicontrol/
運営会社 ペネトレイト・オブ・リミット株式会社
対応デバイス Android / iOS / Windows / macOS / Linux
初期費用 55,000円
利用料金 月額550円/台
※最低利用期間1年
お試し利用 あり (30日間)
導入実績 世界174カ国18,000社

モバイルマネージャー

 

MDM比較_モバイルマネージャー(画像引用元:https://www.gate02.ne.jp/service_security/mobile_manager/

「モバイルマネージャー」は、コンテンツ配信などを手がける「USEN-NEXTグループ」の、「株式会社USEN ICT Solutions」が提供するMDMサービスです。

マルチキャリア対応で、異なるモバイル端末・PCを一元管理できます。ユーザーがMDMプロファイルを削除できない仕様で高いセキュリティを実現しています。

公式サイト https://www.gate02.ne.jp/service_security/mobile_manager/
運営会社 株式会社USEN ICT Solutions
対応デバイス Android / iOS / Windows
初期費用 33,000円
利用料金 月額330円/台
※最低5台から、かつ最低利用期間1年から
お試し利用 あり (1か月間)
導入実績

ビジネス・コンシェル デバイスマネジメント

 

MDM比較_ビジネス・コンシェル デバイスマネジメント(画像引用元:https://www.softbank.jp/biz/services/security/bcdm/

「ビジネス・コンシェル デバイスマネジメント」は、通信キャリアの「ソフトバンク」が自ら手がけるMDMサービスです。

スマホ、タブレットに加えて、4Gケータイもサポートしています。PC操作ログの取得や安否確認のサービスを合わせた在宅支援packもお得に利用可能です。(期間限定)

公式サイト https://www.softbank.jp/biz/services/security/bcdm/
運営会社 ソフトバンク株式会社
対応デバイス Android / iOS / 4Gケータイ/Windows / macOS
初期費用 0円
利用料金 ・スマホ
 月額330円/ID
・4Gケータイ
 月額110円/ID
・PC
 月額440円/ID
※初月無料
お試し利用 あり (1か月間)
導入実績

Trend Micro Mobile Security

 

MDM比較_Trend Micro Mobile Security(画像引用元:https://www.trendmicro.com/ja_jp/business/products/user-protection/sps/mobile.html

「Trend Micro Mobile Security」は、「ウイルスバスター」でお馴染みの「トレンドマイクロ株式会社」が提供するMDMです。

ウイルスバスターなどのアプリケーションと横断してセキュリティ管理を一元化することで、コスト削減を図れます。

公式サイト https://www.trendmicro.com/ja_jp/business/products/user-protection/sps/mobile.html
運営会社 トレンドマイクロ株式会社
対応デバイス Android / iOS 
初期費用 要問い合わせ
利用料金 要問い合わせ
お試し利用 あり (体験版ダウンロード)
導入実績

MobileIron

 

MDM比較_Mobileiron(画像引用元:https://www.macnica.co.jp/business/security/manufacturers/mobileiron/

「MobileIron」は、スマートデバイス・アプリ管理の先駆者であるアメリカの「MobileIron」社が提供するMDMサービスです。

個人アプリと業務用アプリの分離や、自社サーバ・クラウド環境へのアクセス制御など、MAM(モバイルアプリケーション管理)、MCM(モバイルコンテンツ管理)の機能も組み合わせることが可能です。

もう迷わない!EMMとMDM、MAM、MCMの違いを徹底解説

公式サイト https://www.macnica.co.jp/business/security/manufacturers/mobileiron/
運営会社 株式会社マクニカ
対応デバイス Android / iOS / Windows / macOS
初期費用 要問い合わせ
利用料金 要問い合わせ
お試し利用 あり (要問い合わせ)
導入実績 世界で20,000社以上

MDMサービス・製品を選ぶポイント

MDMサービスを選ぶ際は、機能はもちろんですが、

  • 料金
  • 使い勝手
  • 対応デバイス
  • サポート体制

などが、自社のニーズに合っているかをしっかりチェックしましょう。

MDMは、iOSやAndroidが提供するMDM用のフレームワークを利用して開発されているため、各サービス間で基本的な機能に大きな差はありません。

その代わりに、料金や使いやすいUI、対応デバイスの範囲、充実したサポート体制といった付加価値で差別化を図っています。

大半のサービスが無料トライアル期間を設けていますので、気になるサービスを試してみて、使い勝手や顧客対応を確認すると良いでしょう。

MDMを選ぶ際のポイントは、こちらの記事でわかりやすく解説していますので、ぜひご覧ください。

MDM(モバイルデバイス管理)とは?仕組みから選び方までわかりやすく解説します!

まとめ

業務でモバイル端末を安全かつ効率的に活用するには、MDMの導入が効果的です。

本記事で紹介した定番MDM10選や、選定時のチェックポイントをご活用いただき、数多いMDMの中から自社のニーズにあったサービスをお選びください。

シェアする

タイトルとURLをコピーしました