menu

MDM(モバイルデバイス管理)とは?仕組みから選び方までわかりやすく解説します!

MDM(モバイルデバイス管理)とは?仕組...

2022.03.27

MDM

モバイルデバイス(スマートフォンやタブレット)を業務で利用する際は、適切に運用することが求められます。
そこで役に立つのが「MDM(モバイルデバイス管理)です。

この記事では、

  • 「そもそもMDMって何?」
  • 「どうやって選べばいいの?」

という方に向けて、MDMでできることや注意点、選び方の基準など、MDM の導入に必要な知識をまとめて解説していきます。

MDMとは

「MDM」とは、「Mobile Device Management(モバイルデバイス管理)」の略で、モバイルデバイス(スマートフォンやタブレット)を、まとめて設定・管理する仕組みのことです。

MDMを導入することで、業務の効率化やセキュリティの向上が期待できます。

MDMでできること

MDMでできることは、大きく分けて3つあります。

  • デバイスの設定
  • リモート制御
  • 利用状況の確認

デバイスの設定

MDMでは、複数のデバイスをまとめて設定することができます。

  • ネットワーク設定
  • 業務に必要なアプリのインストール
  • OSやアプリのアップデート
  • 業務に必要なアプリの無効化
  • フィルタリング設定

など、グループポリシーをまとめて反映可能です。

リモート制御

MDMでは、デバイスをリモートから制御できます。

万一、デバイスを紛失したり盗難されたりしたときは、

  • リモートロック(ロックをかける)
  • リモートワイプ(データを削除し設定を初期化する)

といったことが可能です。

利用状況の確認

デバイスごとの利用状況を確認できるので、不正利用によるトラブルを未然に防ぐことができます。

MDMの注意点

MDMは業務の効率化やセキュリティの向上に役立ちますが、注意点もあります。

たとえばデバイスを紛失した際、何らかの理由でネットワークに接続できないと、リモート制御ができません。

また、MDMによる制限が厳しくなりすぎると、デバイスの使い勝手が悪くなり、

  • 社員から反感を買う
  • 私用デバイスを業務に流用してしまう

といったことも考えられます。

MDMを導入する際は、

  • 社内ルールの策定やセキュリティ対策アプリの導入など、包括的に仕組みを整える
  • 必要以上の制限は避ける

といったバランスが大切です。

MDM関連用語

MDMと関連する用語と、その意味を見てみましょう。

EMM Enterprise Mobility Management MDMにくわえて、MAMやMCMを含む包括的な仕組み。
MDM Mobile Device Management 業務で利用する端末(OSや設定など)を管理する仕組み。
MAN Mobile Application Management 業務で利用するアプリを管理する仕組み。
MCM Mobile Contents Management 業務で利用するコンテンツ(ファイル)を管理する仕組み。
BYOD Bring Your Own Device 社員が個人で所有しているスマートフォンやタブレットなどを、業務で活用する仕組み。
MDMやMAM、MCMと合わせて導入することが多い。

管理ツールの詳しい違いは、下記の記事で解説しています。

もう迷わない!EMMとMDM、MAM、MCMの違いを徹底解説

「BYOD」のメリット・デメリットや導入までの流れについては、下記の記事からご覧いただけます。

BYODとは?メリット・デメリットや導入までの流れを解説

MDMの選び方

MDMは下記の順番で導入するとスムーズです。

  1. MDMを導入する目的を明確にする
  2. セキュリティポリシーを決める
  3. 目的やセキュリティポリシーに合致したMDMを選定する

MDM導入・運用検討ガイド|一般社団法人情報サービス産業協会
https://www.jisa.or.jp/it_info/engineering/tabid/1625/Default.aspx

ここでは、MDMを選ぶ基準を詳しく解説していきます。

  • サービス提供方式
  • 対応プラットフォーム
  • 通信方式
  • 機能・料金
  • サポート

具体的なMDMサービスは下記の記事で紹介しています。

【2022年版】MDM(モバイルデバイス管理)のサービス・製品を徹底比較!

サービスの提供方式

MDMサービスの提供方式は、「クラウド(SaaS)型」と「オンプレミス型」の2種類に分けられます。

クラウド型 クラウドに構築されたMDMサーバーからデバイスを管理する方式。
オンプレミス型 自社でMDMサーバーを用意する方式。

MDMサービスの多くは「クラウド型」です。
自社でMDMサーバーを用意する必要がないので、手軽に導入できるメリットがあります。

クラウド型は、基本的に利用する台数に応じて料金が発生するため、大規模な利用の場合は、「オンプレミス型」のほうがコストを抑えられる可能性があります。

対応プラットフォーム

モバイルデバイスでMDMを利用する際は、下記の機能に対応していることを確認しておきましょう。

iOS Apple Business Manager Apple IDの管理、アプリの購入など
Android Android Enterprise セキュリティポリシーの設定、Google Playのカスタマイズなど

通信方式

MDMの通信方式は、「ポーリング方式」と「プッシュ方式」の2種類に分けられ、それぞれメリットとデメリットがあります。

ポーリング方式

「ポーリング方式」では、MDMサーバーと登録したデバイスの間で、定期的に通信を行います。
実装は簡単ですが、頻繁に通信するため、バッテリーを消費しやすいデメリットがあります。

プッシュ方式

「プッシュ方式」では、制御が必要になったタイミングでデバイスを呼び出す方式です。
「SMS」を使って呼び出す方法と、「プッシュサービス」から呼び出す方法があります。

機能・料金

MDMサービスによって、対応している機能が異なります。

  • アプリやセキュリティポリシーの一斉配信
  • リモート制御
  • フィルタリング
  • 利用状況のモニタリング

など、対応状況を確認しておきましょう。

必要な機能と料金のバランスを見極めることが大切です。

サポート

導入後のサポートも重要です。

  • アップデートが迅速に行われるか
  • (海外企業が提供するサービスの場合)日本語によるサポートは受けられるか

など確認しておくといいでしょう。

【まとめ】目的やセキュリティポリシーに合ったMDMを選ぼう

MDMを導入することで、業務の効率化やセキュリティの向上が期待できます。

目的やセキュリティポリシーに合ったMDMサービスを選ぶことが大切です。
MDMを導入する際は、下記のポイントを確認しておきましょう。

  • サービス提供方式
  • 対応プラットフォーム
  • 通信方式
  • 機能・料金
  • サポート

「BYOD」のメリット・デメリットや導入までの流れについては、下記の記事からご覧いただけます。

BYODとは?メリット・デメリットや導入までの流れを解説

シェアする

タイトルとURLをコピーしました