menu

法人スマホに格安SIMを導入するメリット・デメリット|注意点も

法人スマホに格安SIMを導入するメリット...

2022.03.18

法人携帯

この記事では、法人スマホ(社用携帯)に格安SIMを導入するメリット・デメリットを解説していきます。
契約前に必ずチェックしておきたいポイントも紹介しているので、ぜひご覧になってみてください。

法人スマホに格安SIMを導入するメリット・デメリット

大手キャリアと比較した、格安SIMのメリット・デメリットを見てみましょう。

格安SIMのメリット

法人スマホに格安SIMを導入するメリットは次の2つです。

  • 料金が安い
  • 複数のキャリア回線に対応している場合がある

料金が安い

格安SIMの最大のメリットが、月々の料金の安さです。
利用状況によっては、大手キャリアの半額以下に抑えられることも。

1ヶ月に、データ通信を3GB利用する場合で比べてみましょう。
大手キャリアでは、2,000円から5,000円ほど(プランにより異なる)ですが、格安SIMでは1,000円前後から利用できます。

複数のキャリア回線に対応している場合がある

格安SIM会社の中には、複数のキャリア回線に対応しているところもあります。
たとえば「mineo」や「OCNモバイルONE for Business」は、ドコモとau、ソフトバンクの3回線に対応しているので、利用中(または利用予定)の端末に合わせてプランを選べるメリットがあります。

格安SIMのデメリット

法人スマホに格安スマホを導入するデメリットは、下記のとおりです。

  • 通信速度が遅くなることがある
  • サービスは控えめ
  • 実店舗が少ない

通信速度が遅くなることがある

格安SIMの多くは、大手キャリアから回線の一部をレンタルしてサービスを運営しています。
同時に利用できる数が少ないため、場所や時間帯によっては、通信速度が遅くなることも。

対策としては、

  • お試し利用できる会社を選ぶ
  • 「つながりにくい」と感じたら、他の会社・プランを検討する

といった方法が考えられます。

サービスは控えめ

格安SIMのサービス内容は、大手キャリアと比べると少なめです。

会社によっては、

  • 「(時間制限なしの)かけ放題」が利用できない
  • 独自のメールアドレスが提供されない
  • 独自のモバイルデバイス管理(MDM)やセキュリティサービスがない

など、大手キャリアでは当たり前のように利用できるサービスがない場合があります。

とくに時間制限なしの「かけ放題」が利用できる格安SIMは、ほとんどありません。

あらかじめ、対応状況を確認しておきましょう。

実店舗が少ない

格安SIMの多くは、実店舗がなく(または少なく)、サポートは電話やメール、チャットが中心です。
「わからないことがあっても、ある程度は社内で対処する必要がある」と言えるでしょう。

法人スマホに格安SIMを導入する際の注意点

法人スマホに格安SIMを導入する際、確認しておきたいポイントをまとめました。

  • 毎月の通信量(「ギガ数」や「月によって大きな差があるか」など)
  • 音声通話やSMSは必要か
  • (音声通話が必要な場合)毎月の通話時間
  • 独自メールアドレスは必要か
  • 利用予定の端末に最適なキャリア回線はどこか(ドコモ・au・ソフトバンク)

最適な会社やプランは、利用スタイルによって異なります。

たとえば、

  • 社員間の通話が多い
  • 必要なギガ数が多い(数十GB以上)

といった場合は、大手キャリアのほうがお得に利用できることも。

まずは目的を明確にすることが大切です。

【まとめ】格安SIMを上手に使おう

法人スマホに格安SIMを導入することで、モバイル回線のコストを格段に下げられることがあります。

最適な会社やプランは、利用スタイルによって異なります。
まずは目的を明確にすることが大切です。

法人契約できる格安SIMは、下記の記事で詳しく解説しているので、併せてご覧になってみてください。

法人契約ができる格安SIM8選|料金プランや特徴を解説

大手3キャリアの料金プラン比較は、下記の記事からご覧いただけます。

【2022年版】大手3キャリアの法人プランを徹底比較【ドコモ・au・ソフトバンク】

シェアする

タイトルとURLをコピーしました