menu

【3大キャリア】法人携帯のかけ放題を比較|注意点や料金を抑える方法も

【3大キャリア】法人携帯のかけ放題を比較...

2022.06.02

法人携帯

メールやチャットの利用が増えたとはいえ、電話はまだまだビジネスにおけるコミュニケーションツールの中心です。近年はリモートワークの広がりにより、社員同士やお客さま、取引先とスマホで通話する機会が増えた企業も多いでしょう。

そうなると気になるのが通話料ではないでしょうか。

本記事では法人携帯について、

  • 「おすすめのかけ放題サービスはどれ?」
  • 「通話料金を下げる方法が知りたい」

とお悩みの方に向けて、

  • 大手キャリアのかけ放題比較
  • かけ放題の注意点
  • 通話料金を抑える方法

をわかりやすく解説します。

【法人】大手キャリアのかけ放題サービス比較

ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリア各社とも、個人と同じく法人向けにも「かけ放題サービス」を提供しています。

かけ放題の料金はドコモが他社より100円安いものの、各社ほぼ横並びです。おおむね月に40分以上通話(発信)する場合には、かけ放題サービスに加入した方がお得になります。

各社のかけ放題サービスの料金や特徴を紹介します。(料金はすべて税込)

ドコモ

ドコモのかけ放題サービスは、下記の2つです。

  • かけ放題オプション:国内通話がかけ放題
  • 5分通話無料オプション:1回5分以内の国内通話がかけ放題

「ギガホプレミア」などの契約プランに音声オプションを組み合わせることで、かけ放題サービスを利用できます。

かけ放題サービスの料金は次のとおりです。

音声オプション 契約プラン
5Gギガホプレミア/5Gギガホライト
ギガホプレミア/ギガホライト
ケータイプラン
はじめてのスマホプラン
かけ放題オプション 1,870円 1,100円
5分通話無料オプション 770円 ー(無料)

別途、「ビジネス通話割引」(無料)を申し込むと、社員同士の通話が無料になります。

ドコモの詳しい料金プランについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

【2022年版】ドコモの法人契約を徹底解説(料金プラン・割引・オプションなど)

au

auのかけ放題サービスは、下記の2つです。

  • 通話定額2:国内通話がかけ放題
  • 通話定額ライト2:1回5分以内の国内通話がかけ放題

ドコモと同じく、「ピタットプラン」などの契約プランに通話オプションを組み合わせることで、かけ放題サービスを利用できます。

かけ放題サービスの料金は次のとおりです。

通話オプション 契約プラン
ピタットプラン 5G/使い放題MAX 5G
ピタットプラン 4G LTE/使い放題MAX 4G
ケータイプラン
スマホスタートプラン (フラット) 5G/4G
通話定額2 1,980円 1,100円
通話定額ライト2 880円 ー(無料)

別途、「ビジネス通話定額」(月額330円/番号〜)を申し込むと、auからの社員間通話が無料になります。

また、「通話定額2」「通話定額ライト2」に加入すると割込通話や三社通話サービスなどのオプションが無料になります。

auの詳しい料金プランについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

【2022年版】auの法人契約を徹底解説(料金プラン・割引・オプションなど)

ソフトバンク

ソフトバンクのかけ放題サービスは、下記の2つです。

  • 定額オプション+:国内通話がかけ放題
  • 準定額オプション+:1回5分以内の国内通話がかけ放題

ソフトバンクでも、「メリハリ無制限」などの契約プランに通話オプションを組み合わせることで、かけ放題サービスを利用できます。

かけ放題サービスの料金は次のとおりです。

通話オプション 契約プラン
メリハリ無制限
ミニフィットプラン+
スマホデビュープラン
ケータイ通話プラン
ケータイ100MBプラン
定額オプション+ 1,980円
準定額オプション+ 880円

なお、「定額オプション+」「準定額オプション+」に加入すると、以下のサービスが付帯します。

  • 留守番電話プラス
  • 割込通話
  • グループ通話
  • 一定額ストップサービス

また、かけ放題オプションとは別に、ソフトバンクの携帯電話と「おとくライン」(ソフトバンクの固定電話)の間で、通話がお得になる「ホワイトライン24」というオプションもあります。

ソフトバンクの詳しい料金プランについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

【2022年版】ソフトバンクの法人契約を徹底解説(料金プラン・割引・オプションなど

かけ放題の注意点

通話時間が多い場合にお得な「かけ放題サービス」ですが、対象外となる通話がある点に注意が必要です。

  • SMS
  • 国際電話
  • 衛星電話/船舶電話
  • 「104」や「188」など

各社の対象外通話は次のとおりです。

ドコモ

  • 海外での発着信
  • WORLD CALL
  • SMS
  • 0570、0180などの他社接続サービス
  • 188特番
  • 104の番号案内料
  • 衛星電話/衛星船舶電話
  • ドコモが指定する電話番号

(参考:法人のお客さま向け料金|ドコモ

au

  • 海外での発信/着信、国際通話
  • SMS送信
  • 番号案内サービス(104)の利用料
  • 行政1XYサービス(188)
  • ♯ダイヤル(クイックダイヤル)
  • 衛星電話
  • 衛星船舶電話
  • ナビダイヤル(0570などで始まる番号)/テレドーム(0180で始まる番号)/67コール(0067で始まる番号)などの他社接続サービス通信料
  • その他auが指定する番号

(参考:通話定額2/通話定額ライト2|au

ソフトバンク

  • SMS送信
  • 国際ローミング通話料
  • 国際電話通話料
  • ソフトバンク衛星電話サービス
  • おしらべダイヤル
  • 0180、0570など他社が料金設定している番号への通話料
  • 番号案内(104)・SoftBank 携帯電話から留守番電話センター宛の国内通話など
  • その他ソフトバンクが指定する番号

(参考:基本プラン(音声)・オプションサービス|ソフトバンク

通話料金を抑えるなら、クラウドPBXもあり

「クラウドPBX」というサービスを利用すると、スマホを内線電話として利用でき、通話料を気にせず社員同士の通話が可能になります。

クラウドPBXとは、電話交換の機能をインターネット経由で利用するサービスです。クラウドPBXでは内線電話の電話機として、通常のビジネスフォンだけでなく、スマホも利用できます。

そのため、社員同士のスマホ通話を内線通話として無料で利用できるのです。また、外線通話も固定電話料金で利用できるため割安になります。

オフィスの電話も含めた費用削減をお考えの場合は、クラウドPBXの導入も選択肢に入れると良いでしょう。

クラウドPBXについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

クラウドPBXとは?メリット・デメリットや選び方を徹底解説! – Belong法人向けサービス

まとめ

本記事では、ドコモ、au、ソフトバンクのかけ放題サービスを紹介しました。

料金はドコモが他社より100円安いものの、各社ほぼ横並びです。おおむね月に40分以上通話(発信)する場合には、かけ放題サービスに加入した方がお得になります。

リモートワークや外出先で、社員同士やお客さま、取引先と通話する機会の多い企業では、かけ放題サービスに加入すると安心でしょう。

下記の記事では、大手3キャリアの法人プランの料金や割引、オプションなどをご覧いただけます。

【2022年版】大手3キャリアの法人プランを徹底比較【ドコモ・au・ソフトバンク】

格安SIMのかけ放題については、下記の記事をご覧ください。

【格安SIM】法人携帯のかけ放題を比較|注意点や料金を抑える方法も

シェアする

タイトルとURLをコピーしました